サムゲタン(蔘鷄湯)

サムゲタン(蔘鷄湯)は、鳥の中にもち米、高麗人参、ナツメ、ニンニクを一緒に詰め、キバナオウギ(黄花黄耆)の根でとっただしにじっくり煮こんで作った料理でギェサムタン(鷄蔘湯)とも呼ばれました。昔から夏には栄養不足になりやすいので、暑さをしのぐためにサムゲタンを食べました。それはサムゲタンに鶏、高麗人参、キバナオウギ(黄花黄耆)の根、ニンニクなどが入っており、胃に良く、失った食欲をもどせることができるからです。

昔から伏日にサムゲタンを食べる風習は、夏を賢く過ごす方法の1つであります。日本では土用丑の日にウナギを食べますが、韓国では初伏、中伏、末伏の日にサムゲタン(蔘鷄湯)を食べます。この日には韓国のサムゲタン(蔘鷄湯)屋にはお客さんで賑わっています。

ちなみに、高麗人参は、韓国の代表的な漢方薬でストレスへの耐性の増加、疲労回復、高血圧抑制、抗がん、滋養強壮などの効能があります。皆さんもサムゲタン(蔘鷄湯)を食べて暑い夏を乗り切るのはいかがですか?サムゲタン(蔘鷄湯)

お知らせ掲示板, ハングルハッキョニュースカテゴリーの記事